グルメ

都立大学のパン!「ナショナルデパート東京」グランパーニュ【実食レポ】

都立大学駅より徒歩7分。八雲氷川神社の斜め前にあるバターのお店「ナショナルデパート東京」で、年に一度の正月パン「グランパーニュ」を購入!実食レポートを行います。

ナショナルデパートとは

都立大学にあるお店「ナショナルデパート東京」。

店舗は2つ。1つは東京の都立大学に工場・直売所・デザインオフィス。そして岡山に工場・直売所があります。

扱う商品は、そのまま食べれる「おやつバター」。

そのまま食べても美味しいバターを、種類豊富に置いてあります。もちろんパンに合わせても美味しいバターも販売していますよ。

パッケージデザインもオシャレ。食べるバターという珍しさもあって、ギフトにも良さそうですね。

そんなバターを販売しているお店ですが、正月に店の前に通ったところ「ぱん」と書いた看板が目に入りました。そして気になる文言がありました。

年に一度の正月パン焼き

「年に一度の正月パン焼き」との文言です!

1/1の深夜1時から1時間程度パンを焼いて、1/1〜3の11〜17時まで販売を行うとのこと。なお無くなり次第終了します。そして次回のパンは来年のお正月を予定だとか!なんとレアなパンなんでしょう。とっても気になりますね。

グランパーニュの食べ方

電子レンジの場合、電子レンジで20秒温めます。もちもちの食感に仕上がります。

トースターの場合、しっかりと霧を拭いて水を含ませてトースターで温めます。本格的な仕上がりになります。

グランパーニュ詰め合わせの実食レポート

カラフルな見た目のパン。様々なフレーバーが詰め合わさったセットです。

フランスパンみたいなパンで、外側の耳は硬さがあり、噛み応えがありました。噛み締めるほど味が出てきます。パンの内側は、もちもち食感。とってもジューシーでした。

今回の詰め合わせにはフレーバーが4種ありました。フレーバーによって味が異なります。それぞれのフレーバーをご紹介しますね。

左:マンゴー/右:抹茶

マンゴー

マンゴーの香りが口の中に広がりました。果肉が入っていて、マンゴーというよりリンゴみたいな果肉です。

抹茶

グリーンの色がキレイな抹茶味。上品なアッサリした味わい。ジューシーなパンの多いなかでもこの抹茶はシンプルな味わい。抹茶のパンにはナッツが入ってました。

左:はちみつ/右:苺

はちみつ

見た目では判断出来なかったパン。食べてみると、はちみつの味わいが広がるパン。爽やかなハチミツの甘さが美味しく、かなり筆者好みの味でした。パンにはナッツが入ってました。

キレイなピンクが目を惹きますね。苺の果肉が入っていて、甘酸っぱくてジューシー。

「ナショナルデパート東京」の営業時間・定休日

営業時間 11:00〜18:00 
定休日:毎週月曜日 

「ナショナルデパート東京」の行き方・アクセス

【住所】東京都目黒区八雲2-6-11 【アクセス】東急東横線「都立大学駅」より徒歩7分

支払い方法

現金はもちろん、クレカの支払いが可能です。

ABOUT ME
かなえ
かなえ
自由が丘在住のワイン・スイーツ好きな会社員。 自由が丘グルメを中心に食レポしています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。