グルメ

自由が丘に人気のパン屋が登場「baquette rabbit(バゲット ラビット)」実食レポ

自由が丘にて、名古屋で大人気のパン屋「baquette rabbit(バゲット ラビット)」の2号店が登場しました。気になるパンを実食レポートを行います。

「baquette rabbit(バゲット ラビット)」とは

名古屋で人気のパン屋「baquette rabbit(バゲット ラビット)」が、自由が丘で2018年2月2日にオープンしました。

小麦の旨みを引き出すことに、こだわり抜いていたパン屋さん。店名を冠した「バケットラビット」のパンは金賞を受賞するなどスゴイお店なのです。

とっても美味しそうなパン!どんな味か気になりますね。

「baquette rabbit(バゲット ラビット) 自由が丘店」の店内

入って右側は、厨房。左側はパン売り場とレジがあります。

ドア付近にトングとトレーが置いてありますので、自分で好きなパンを取っていくスタイルです。

店内はグレーを基調としたスタイリッシュなデザインで、広々としています。壁側にはパンが美しくディスプレイされていて、まるで絵画をみているようですよ。

オシャレなお店ではありますが、所々にパンの試食サービスが設置されていて、気軽にパンの味を試せますよ。

奥にはレジがあり、レジ横には、お水の無料サービス。その横に、コーヒー¥100でテイクアウトできるコーナーがありました。

実食レポート

バゲット ラビット ¥194

店名を冠したバケット。パン専門コミュニティーサイト「パンスタ」にて、『パン・オブ・ザ・イヤー バゲット部門金賞』を受賞した実力派のパンです。

香ばしくて、噛めば噛むほど味が広がる奥深い味。

そのまま食べても美味しいですし、スープに付けて食べても美味しかったです。

手でちぎることは難しいですね。包丁で一口サイズに切ることをオススメします。

ブール ハーフ ¥248

人気NO.1のパン。

表面はイングリッシュマフィンみたいに粉がかかっていて、やや固めの食感。中はぷるぷるとして、しっとりと柔らか。

あっさりした軽い味わい。ついつい食べてしまう、後引く美味しさ。表面と中で違う食感がいいですね。

フランボワーズのフレンチトースト ¥324

フレンチトースト。ラム酒が染み込んでしっとりとしたパン生地に、フランボワーズージャムの甘酸っぱい甘さ。程よい甘さが上品。しつこくなく後味が軽いので、いくらでも食べれそう。

オリーブとドライトマト ¥270

お酒のおつまみにぴったりな味。想定通りの美味しさでしたね。

チョコとクランベリーの紅茶スコーン ¥226

紅茶の生地がチョコとクランベリーとよく合います。しつこくない甘さで、上品です。

ショコラスティック ¥270

程よい量のチョコがパンとバランス良かったです。しつこくなく、丁度よい甘さです。

実食まとめ

筆者は、パンを食べると良く胃もたれしてしまうのですが、バケットラビットのパンは総じて胃もたれしまんせんでした。それが嬉しいですね。

「baquette rabbit(バゲット ラビット) 自由が丘店」の営業時間・定休日

【営業時間】9:00〜20:00

【定休日】

「baquette rabbit(バゲット ラビット) 自由が丘店」の行き方・アクセス

【住所】東京都目黒区自由が丘1-16-14 プルメリア自由が丘1F 

【アクセス】東急東横線・大井町線「自由が丘駅」より徒歩6分

「baquette rabbit(バゲット ラビット) 自由が丘店」の支払い方法・注文方法

パンをトレーに入れて、レジに精算しに行きます。支払いは現金はもちろんのことクレカの支払いも可能でした。

ちなみに、バケットラビットの隣には「ねこねこチーズケーキ」というチーズケーキ専門店が出来ました。バケットラビットと同じ会社です。

そして、同じ会社とかでは無いのですが、同じ通り沿いにキャラメル専門店「キャラメライフ」がありますよ。このお店も見逃せませんよ!

ABOUT ME
かなえ
かなえ
自由が丘在住のワイン・スイーツ好きな会社員。 自由が丘グルメを中心に食レポしています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。