グルメ

自由が丘「SODA BAR 」の人気メニュー「季節のソーダ水」実食レポ

ソーダバー人気NO1メニュー「季節のソーダ水」を実食しましたのでレポートいたします。

「SODA BAR(ソーダバー)」とは

「自由が丘駅」南口から徒歩1分、マリクレール通り沿いにある「SODA BAR(ソーダバー)」。オリジナルソーダを専門に扱うドリンク店です。

ドリンクの素材にはこだわっており、国産の減農薬・無農薬のフルーツを直接農家から仕入れています。

店舗は、自由が丘、横浜(みなとみらい)、恵比寿、那覇と展開しています。

「SODA BAR(ソーダバー)」の店内は?

ソーダドリンクの店の前にはオシャレな椅子が置いてあり、中に入ってレジ奥側の横に飲めるスペースが設置されています。

ドリンク以外にも、洋服や雑貨などの商品も扱っています。それは、「COMMUNITY MILL(コミュニティミル)」というお店が併設されているからです。”アーバンカリフォルニアライフ”をテーマに、オシャレな洋服・雑貨が置いてあります。

「SODA BAR(ソーダバー)」のメニュー

「SODA BAR」のメニューは以下のラインナップでした(2019年5月3日時点)。ドリンクのみで軽食はありません。

季節のフルーツソーダ¥540
季節のノンアルコールモヒート¥702
パイナップルソーダ¥540
ココアソーダ¥626
季節のフルーツミルクソーダ¥594
ヴァージンピニャコラーダ¥702
自家製ジンジャーエール(レギュラー/Bigサイズ)¥540/¥756
アイスコーヒー&トニックソーダ¥594
季節のフルーツシロップティー(ICE/HOT)¥540
季節のモヒート¥756
ピニャコラーダ¥756
ジントニック¥864
ウィスキーバック¥864
ほうじ茶ミルク¥702
抹茶&エスプレッソコーヒー
¥702
抹茶ミルク¥702

「季節のソーダ水」を実食レポート

今回の季節のソーダ水は、清見・甘夏・レモンの3種ブランドでした。

フルーツの味わいは、ほのか。ソーダ水には自家製シロップが入っていますが、甘さはやさしめ。炭酸はそこまで強くはありませんが、ソーダの喉越しが良くて爽快感があります。夏の暑い時期にピッタリのさわやかなドリンクでした。

SODA BARでは、ソーダドリンク以外にも抹茶ミルクタピオカがメニューにあります。タピオカ好き筆者はもちろん試しました!抹茶ミルクタピオカについては別記事にてレビューしております。宜しかったら読んでくださいね。

「SODA BAR(ソーダバー)」の営業時間・定休日

【営業時間】11:00- 20:00
【定休日】

「SODA BAR(ソーダバー)」の行き方・アクセス

【住所】世田谷区奥沢5丁目26-12XAREA自由が丘1階
【交通アクセス】東急東横線・大井町線「自由が丘駅」南口より徒歩1分

「SODA BAR(ソーダバー)」の支払い方法

現金はもちろん、クレカもOKでした。

ABOUT ME
かなえ
かなえ
ワイン・スイーツ好きの会社員。 生活・体重を日々改善するべく キックボクシングに通い出す。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。