グルメ

自由が丘の「ザ・東京フルーツ パーラー」でスイーツ実食レポ

フルーツパフェが有名なスイーツ店の「ザ・東京フルーツパーラー」。場所は、自由が丘・奥沢・九品仏から徒歩6分。旬のフルーツを使ったパフェを食べてきましたので実食レポートいたします。

「ザ・東京フルーツ パーラー」とは

フルーツを扱ったスイーツ店。テイクアウトと、カフェが併設されております。

「ザ・東京フルーツ パーラー」の店内

オレンジがアクセントな明るい店内。カフェスペースがあり、5卓12席のこじんまりとしたお店です。

「ザ・東京フルーツ パーラー」のメニュー

価格は税抜き価格です。

パフェメニュー

シャインマスカットパフェ¥2,300
マンゴーパフェ¥2,300
もものパフェ¥2,500
プラムのパフェ¥2,400
マスクメロンパフェ¥2,500
イチジクのパフェ¥2,200
さつまいものパフェ¥1,900
ナガノパープルパフェ¥2,400
フルーツパフェ¥2,200

フードメニュー

フルーツサンド¥1,000
たっぷりフルーツのフレンチトースト¥1,500
季節のシフォンケーキ¥1,300
自家製オニオングラタンスープ¥1,100
クロックムッシュ¥1,100

ランチメニュー

平日の11:00〜14:00の間の限定メニューです。

オニオングラタンスープSET¥2,000
クロックムッシュSET¥2,000

どのメニューも、旬のフルーツミニパフェとコーヒー(or紅茶)がついたお得なセットです。※オニオングラタンスープセットはバケットも付いております。

シャインマスカットパフェの実食レポート

価格:2,300円
高級な葡萄で人気の高いシャインマスカットを使ったパフェ
皮が薄くてパリッとした食感と甘さが特徴の葡萄です。
アクセントに葡萄のゼリーなど合わせました。

食べログ公式サイトより引用

注文したのは、マスカットのパフェ。黄緑色が爽やかで美しいです。

上から生のマスカット、アイスクリーム、マスカット、生クリーム、葡萄のゼリー、生クリーム、マスカットのゼリーと入っていました。

生のマスカットは、やや渋みのある皮がパリッとした食感に果肉の爽やかな甘さがきてジューシーでした。

生クリームは程よい甘さ。個人的に生クリームが好きではないということもあり、生クリームの量は減らして欲しいと感じました。

生クリームでお腹を満たしたくないし、生クリーム分のカロリーを摂取したくない!という気持ちがありまして。。パフェを食べている時点でカロリーを気にするのは無駄なあがきですが。

生クリームの下には、マスカットゼリー、その下には葡萄ゼリーと夏らしい爽やかな具材が入っていました。特に葡萄ゼリーの、マスカットとは違う甘さがアクセントになって美味しかったですね。

「ザ・東京フルーツ パーラー」の営業時間・定休日

【営業時間】11:00~19:00
【定休日】火曜・水曜

「ザ・東京フルーツ パーラー」のアクセス・行き方

【住所】東京都世田谷区奥沢5-37-9 1F
【アクセス】東急東横線・大井町線「自由が丘駅」、東急目黒線「奥沢駅」、東急大井町線「九品仏駅」から徒歩6分、東急東横線・東急目黒線「田園調布駅」から徒歩10分

ABOUT ME
かなえ
かなえ
ワイン・スイーツ好きの会社員。 生活・体重を日々改善するべく キックボクシングに通い出す。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。