グルメ

【夏季限定】自由が丘にかき氷屋オープン!中町氷菓店「Green.(グリーン ポイント)」実食レポ

2020年7月18日に、天然のかき氷で有名な「中町氷菓店」から「Green.(グリーン ポイント)」が自由が丘に夏季限定でオープンしました。アクセス・メニューなど徹底調査いたします!

2020年10月中旬にメニューをリニューアルしてオープン予定とのこと。楽しみですね。

天然かき氷の中町氷菓店「Green.(グリーン ポイント)」とは

チョコレート専門店「Lindt(リンツ)」のカフェ(2F)があった跡地に、かき氷専門店「Green.(グリーン ポイント)」が2020年7月18日に夏季限定店舗としてオープンしました。

本店は、長野県松本市にある「中町氷菓店」。今回「Green.(グリーン ポイント)」という名前で、自由が丘に初上陸!とっても楽しみですね。

中町氷菓店が提供するかき氷のこだわりは、氷・シロップ・削りの3つ。

特に氷は、南アルプス・八ヶ岳の天然氷を使用しております。天然氷は、不純物を含まない純度の高い透明な氷になり、人工の氷とは全く違う味なんだそう。

その天然氷のかき氷に、生の果実のシロップを組み合わせて。

可能な限りデコレーションは加えないのもポイント。シロップの美味しさと天然氷のかき氷をシンプルに楽しんでいただける、最高のかき氷なのだそう。

「Green.(グリーン ポイント)」のメニュー・価格

価格は税込です。果物の仕入れ状況によってメニューが変更になる場合があるとのことでした。

国産生いちご¥1,300
生キウイ¥1,300
生グレープフルーツ¥1,300
特選抹茶あずき¥1,300
特選ほうじ茶¥1,300
黒蜜きな粉¥1,300

実食レポート

国産生いちご

氷に練乳と苺系ソースが掛かり、上には生のイチゴが乗っています。

見た目はシンプルなかき氷です。

スプーンですくう衝撃で、高さのあったカキ氷が下に沈んでいきました。

氷のシャキシャキとした感じがあまり無く、台湾のかき氷のようなふわふわ系。口に入れても氷感が無くスッと溶けて、練乳とイチゴ系ソースだけが口に広がります。

生グレープフルーツ

練乳とグレープフルーツ系ソースと、生のグレープフルーツが乗ったカキ氷です。

見た目も味も、爽やか。氷のスッキリとした冷たさも相まって、あっさりとした味わいでした。

個人的に、グレープフルーツよりも苺の方が好きでした。甘酸っぱい苺の味わいが、練乳と氷によく合ってました。

お茶も付いているのですが、冷たいお茶なのでカキ氷を食べた際は温かいお茶の方がありがたいですね。

「Green.(グリーン ポイント) 自由が丘店」の営業時間・定休日

【営業時間】12:00〜18:00

【定休日】なし

「Green.(グリーン ポイント)自由が丘店」の行き方・アクセス

【住所】東京都目黒区自由が丘2-9-2 辻田ビルディング2F

【アクセス】東急東横・東急大井町線「自由が丘駅」より徒歩3分

ABOUT ME
かなえ
かなえ
自由が丘在住のワイン・スイーツ好きな会社員。 自由が丘グルメを中心に食レポしています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。