グルメ

都立大学「ちもと」で夏季限定かき氷【実食レポ2019】

都立大学には「ちもと」というカキ氷で有名な和菓子店があります。毎年夏になると、夏季限定のかき氷が提供開始になります。今年2019年は、7月14日より提供が開始されました。早速食べに行きましたので、実食レポートいたします。

「ちもと」とは?

「ちもと」とは和菓子店。定常メニューとして「八雲もち」が有名です。

また、夏季限定の「カキ氷」がとても人気。毎年夏の季節になると、カキ氷目的のお客でカフェスペースは早い段階で受付が終了するほどの賑わいです。

「ちもと」の店内

昔ながらの年季が入ったお店。レトロな風情が素敵です。店内はこじんまりとしています。

テイクアウトが出来て、カフェスペースもあります。カフェは10席ほどで、かなり狭いです。ゆったり寛いで食べる雰囲気ではありません。

「ちもと」のメニュー・価格

カキ氷は夏季限定メニュー。2019年は、7月14日により提供開始になりました。終わりは9月中旬までです。

カキ氷は下記の種類があります。※価格は税抜き表示です。

カキ氷 700円コース

下記より好きな組み合わせを選べます。

イチゴ/ライム/ミルク/氷水/宇治

カキ氷 900円コース

つぶあん・こしあん

その他、加えるものを下記より選べます。

宇治/ミルク/白玉

カキ氷 1,100円コース

内容はおまかせ。

毎年提供開始日は「ちもと」の公式サイトで情報を確認できますよ。

ちもと」公式サイト

https://chimoto-yagumomochi.com

「ちもと」の実食レポート「カキ氷」

筆者は1,100円コースのおまかせにしました。

出てきたカキ氷は▼こちら!

もの凄いボリュームでいて、凄い高さ!宇治と練乳の蜜がハーフで氷にかかってます。キレイです。

氷のスッと溶ける感じに、宇治と練乳のそれぞれの蜜の甘さが美味しい。

どんどんと食べ進めると、底には、なにやら具が入ってました。

具材は、八雲もちや寒天、塩の効いたあんこ、豆、栗、カボチャ、白玉、和菓子などのたくさんの具材!

宝箱みたいに、どんどんと出てきて面白いです。ボリュームが凄すぎて、食べ切れず残してしまい無念です。

「ちもと」の営業時間・定休日

【営業時間】10:00〜18:00(L.O17:30)
※夏のかき氷時期のラストオーダーは1日の人数が埋まり次第終了です。

【定休日】木曜日

「ちもと」の行き方・アクセス

【住所】東京都目黒区八雲1丁目4−6
【アクセス】東急東横線「都立大学駅」より徒歩2分

カキ氷を食べる場合の「ちもと」の入り方

基本的にすぐ行って、食べれるお店ではありません。また、席の予約は出来ません。

一旦、「ちもと」に行きます。入口前に警備員さんがいるので、声かけて予約をとります。確実なのは、開店時間を目安にお店に行くことでしょう。

時間を言われるので、その時間になったらまたお店に再訪します。

「ちもと」の支払い方法

現金のみ。

レシート持って、レジ前で支払います。

ABOUT ME
かなえ
かなえ
ワイン・スイーツ好きの会社員。 生活・体重を日々改善するべく キックボクシングに通い出す。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。