fitbit

新発売の「fitbit versa」を調べてみた【徹底比較】

fitbitに新たなガジェットが登場

fitbitに新たなアイテムが登場するようです。日本では2018年6月14日に発売し、special editionは6月29日に発売とのこと。
fitbit charge2を愛用してる筆者としては見逃せないニュースです!!

「fitbit versa」のスペックを調べてみた。

新商品の「fitbit versa」がどんなスペックか調べてみました。

主な機能・特徴

  • 心拍数モニター
  • 睡眠を自動的に計測
  • ガイド付呼吸セッションやエクササイズモード
  • GPS接続
  • 水泳に対応(防水機能)
  • 行動やランニングなどの運動を自動認識して測定
  • 音楽データを保存して再生
  • SNSなどアプリからの通知を受信
  • キャッシュレス決済機能
  • バッテリーは4日間以上
  • 文字盤やアクセサリーを交換できる
  • 軽量

fitbit charge2と比較してみた。

液晶がモノクロからカラーになりました。
そして、デザイン。charge2はリストバンドタイプですが、fitbit versaは大きくなって、Apple Watchっぽくなりましたね。
また、重さはcharge2と同じくらいとのこと!毎日付けるアクセサリーは軽い方がストレスなく着けられますので有難いです。
機能面ではほとんど同じ内容が搭載されてます。

いくつか新たな機能が入りました。

charge2では無かった新たな機能

  • 水泳に対応(防水機能)
  • 音楽データを保存して再生
  • SNSなどアプリからの通知を受信し、アプリにアクセス
  • キャッシュレス決済機能

キャッシュレス決済機能についてはspecial editionのみに付いてる機能とのことですが、日本では対応しておらず。残念です。
suicaやIDとか使えたら楽なんですけどね。。。

新たな機能で使えると思ったのは、以下の2点では無いでしょうか。

  • 音楽データを保存して再生
  • SNSなどアプリからの通知を受信、アプリにアクセス

また、バッテリーは4日以上とのこと。
charge2は5日間持続ですのでちょっと短くなりましたが、液晶がカラーになったり機能が増えているなか4日以上持つのはなかなか良いのでないかと思います。

fitbit ionicと比較してみた。

fitbit versaで、ちょっと残念だと感じたのは、charge2と同じ、GPS接続だったこと。GPSを使うには携帯電話のfitbitとアプリを立ち上げBluetoothで繋げる必要があります。そこまで手間ではないので許容でる範囲ではあります。。GPS内蔵型ならfitbit ionicがあります。またほぼversaと同じ機能が搭載されておりバッテリーの持ちが5日!!スペック的にはionic!
でもデザインが好きじゃない。。笑
毎日着用する自信が無く買う気が起こりませんでした。そんななか
、versa のデザインはテンションが上がりました。

Apple Watchと比較してみた。

デザイン、機能面ともに、Apple Watchと大分似てきました。
でも、大きさは、Apple Watchの方がスッキリしていて小さいです。
機能の充実、デザイン、アクセサリーの豊富さなど、やはりApple Watchの方が素晴らしいですね。
でもあえて、 fitbit versaが優れている点を挙げるなら以下では無いでしょうか。

  • 軽い
  • 使うアプリが少ないので操作が簡単で見やすい
  • 価格が安い
  • バッテリーの持続

まとめ

私は 「fitbit charge2」を愛用してます。愛用している理由はアプリの使いやすさとバッテリーの持ちの良さだったりします。
若干、バッテリーが短くなりましたが、、fitbit versaは、そのcharge2の機能がありつつ、各SNSのアプリが通知可能になったり、音楽が再生できたりと嬉しい機能が追加になりました。
期待を込めて、「fitbit special edition」を予約購入しました。手元に届くのが楽しみです。

ABOUT ME
かなえ
かなえ
自由が丘在住のワイン・スイーツ好きな会社員。 自由が丘グルメを中心に食レポしています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。