スイーツ

名古屋発「覚王山フルーツ大福 弁才天 自由が丘店」がオープン【実食レポ】

覚王山フルーツ大福 弁才天とは

「覚王山フルーツ大福 弁才天」とは名古屋の覚王山に本店があるフルーツ大福の専門店です。

日経トレンディ地方発ヒット大賞に受賞した実力店がスイーツの街「自由が丘」に上陸しました。

自由が丘デパートにて
店内

こだわり

白餡とフルーツを求肥で包んだシンプルな構成のフルーツ大福には、こだわりが詰まっています。

フルーツは、毎日市場に出向き、一番旬で美味しいフルーツを仕入れています。そしてフルーツ本来の味わいを楽しめるよう、薄皮薄餡で毎朝手包みによって仕上げているのだとか。

そして求肥は高級羽二重粉を使用。フルーツの持つ甘みを引き立たせるよう砂糖は極力抑え、お米本来の上品な素材の甘みを感じられる仕上げ。

また白餡も同じく、甘さを最小限に抑えて白豆本来の素材の風味を最大限に感じる配合なのだそう。

メニュー

フルーツの入荷時期によってメニューが変わるとのことで、パンフレットには以下の内容が掲載されておりました。

フルーツ販売時期
あまおう冬ー春
りんご秋ー冬
完熟マンゴー通年(宮崎県産は夏季限定)
紅ほっぺ冬ー春
シャインマスカット
ゴールドキウイ春ー夏
夏ー秋
キウイ通年
マスクメロン春ー夏
すいか
温州みかん通年(各産地にて)
白い宝石冬ー春
無花果夏ー秋
完熟パイン通年(沖縄県産は夏季限定)
水晶文旦
浜松スタールビー春ー夏
ピオーネ
せとか

実食レポート

筆者は午後に伺いましたが、フルーツ大福のいくつかは完売しており、残りが少なかったですね。フルーツ大福は無くなり次第、終了になるとのこと。確実に購入したい場合は早めにお店に向かうと良いでしょう。

筆者は「デコポン」と「大とちあいか」を購入しました。

パッケージはこちら▼

高級感が漂ってます。お土産に良いですね。

注意点は、購入後は冷蔵庫で再度よく冷やし、なるべく早めに食べること。公式HPを見ると、消費期限は製造日より2日までです。

また保冷剤は1時間まで無料で付けられます。

デコポン ¥680

デコポンが中に入っているからか、大福の形は三日月型です。

そして、うっすらデコポンのオレンジの色合いが透けて見えます。かなり餡と求肥が薄いことを物語っていますね。

付属の糸を使って割ってみました。

かなえ

デコポンがたっぷり入ってる。味もデコポンそのもの。みずみずしい〜。

大とちあいか ¥750

フルーツ大福といえば、真っ先に思い浮かぶのはイチゴ!王道ですね。

こちらもイチゴの赤い色がうっすら見えてますね。糸で切ってみました。

旦那

俺はデコポンよりもイチゴの方が好きだな。

かなえ

たしかに。デコポンも美味しいけどイチゴは特に美味しかった。甘酸っぱくて、餡と求肥によく合う。

旦那

俺は餡がたっぷりと詰まってる方が嬉しいかな。

かなえ

このぐらいの配合の方があっさりと食べれるから私はこれで良いかな。

でも、ちょっと高いね。

旦那

確かに。

でもシャインマスカットとか、メロンが気になるからまた次回も食べてみたいな。

弁才天 自由が丘店の営業時間・定休日

【営業時間】10:00~19:00(無くなり次第終了)

【定休日】水曜

弁才天 自由が丘店のアクセス・行き方

【住所】東京都目黒区自由が丘1-28-8 自由が丘デパート1F

【アクセス】東急東横・大井町線「自由が丘駅」正面口より徒歩約1分

ABOUT ME
かなえ
かなえ
自由が丘在住のワイン・スイーツ好きな会社員。 自由が丘グルメを中心に食レポしています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。