スイーツ

自由が丘の自販機にブルーボトルコーヒーが登場!場所やメニューなど調査

自由が丘でブルーボトルコーヒーを購入できる自販機があることをご存知でしたか。実飲レポートを行います。

ブルーボトルコーヒーとは

公式サイトより引用

水色のボトルが描かれたロゴが印象的なブルーボトルコーヒー。サードウェーブコーヒーといえば、まずこのお店が思い浮かぶのではないでしょうか。またコーヒーの街である清澄白河に本店があることも、有名ですね。

カフェ店として、コールドブリュー(水出しコーヒー)やワッフルなどのスイーツも提供しています。清澄白河本店以外にも、関東では青山・六本木・新宿・中目黒・品川・三軒茶屋・目黒・神田万世橋・池袋・恵比寿・銀座・広尾・竹芝・横浜・みなとみらいと展開しております。

そして、なんとカフェ店以外に、自販機でもブルーボトルコーヒーを楽しめるのだそう。

ブルーボトルコーヒーを購入できる自販機の場所

自由が丘でブルーボトルが購入できる自販機の場所は「三井のリパーク」自由が丘学園通り駐車場です。以前「出汁」を売っていた自販機の場所です。

「INEA」や「ABCマート」がある通り沿いです。

自由が丘以外では、渋谷や白金台、二子玉川、駒沢大学、吉祥寺の東急百貨店、吉祥寺のパルコに自販機が設置されています。詳しい場所は下記URLでご確認いただけます。

https://store.bluebottlecoffee.jp/pages/bluebottlecoffee-quickstand

メニュー・価格

2021年3月14日時点では下記の商品が展開されていました。

商品名価格
コールドブリュー缶 ボールド¥640
コールドブリュー缶 ブライト¥640
コールドブリュー缶 シングルオリジン¥640
ブルーボトルコーヒー ブライト ブレンド 200g(豆)¥1,458
ブルーボトルコーヒー ボールド ブレンド 200g(豆)¥1,458
インスタントコーヒー(5本入)¥1,620
ブルーボトル羊羹(4本入)¥1,620
ブルーボトル羊羹 抹茶(4本入)¥1,728

アイスコーヒーは3種類用意されていました。値段は同じ¥640(税込)で内容量は236mlです。

味は下記の説明がされていました。

コールドブリュー缶 ボールド

深みがありチョコレートのような味わいで、チョコレート・ヘーゼルナッツ・マシュマロのフレーバー。

コールドブリュー缶 ブライト

果実味があり鮮やかさが特徴。ブルーベリー・レモンゼスト・ゴールデンレーズンのフレーバー。

コールドブリュー缶 シングルオリジン

コロンビア産コーヒー豆を使用したシングルオリジン。キャラメライズド・フルーティーのフレーバー。

実飲レビュー

筆者はアイスコーヒーの「コールドブリュー缶 ボールド」を購入しました。

缶ボトルのコーヒーは正直、苦手です。というのも缶独特の変な臭いがあって美味しいと感じません。

ですが、このブルーボトルコーヒーは缶とは思えない、コーヒーのいい香りがキチンと感じられました。そのことに、まず驚きました。

お砂糖などは入っていないブラックコーヒーで、濃いめの味わいながらスッキリしていて美味しかったです。

ただ、お値段はとってもお高いので正直リピートはしないかな(笑)。でも物珍しさで、お土産とかに良いかもしれませんね。

アクセス・行き方

【住所】東京都目黒区自由が丘2-8-16

⁠【行き方】東急東横・大井町線「自由が丘駅」より徒歩6分

支払い方法

現金はもちろん、交通系電子マネーやクレカでの支払いが可能でした。

ネットでも購入可能です

ブルーボトルコーヒーの商品はカフェや自販機以外にネットでも購入可能です。ブルーボトルコーヒーの公式ショップや楽天市場店、アマゾンでも買うことができますのでお手軽ですね。

ABOUT ME
かなえ
かなえ
自由が丘在住のワイン・スイーツ好きな会社員。 自由が丘グルメを中心に食レポしています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。