グルメ

高級食パン専門店「銀座 に志かわ」が新宿西口にオープン【実食レポ】

新宿駅南口から徒歩2分、甲州街道沿いに高級食パン専門店「銀座 に志かわ」がオープンしました。行列のできる人気店が提供する食パンはどんな味か、実食レポートいたします。

銀座 に志かわとは

高級食パン専門店の「銀座 に志かわ」が2019年8月29日(木)、新宿西口にオープン!

毎回、行列必至の人気店が新宿西口にも登場しました。筆者は新宿西口店へ平日の午前中に伺ったところ、幸運にも並ばずに購入ができました。

食パンについて公式サイトに以下の説明がされていましたのでご紹介します。

こだわったのは
仕込み水に使用している
独自のアルカリイオン水
小麦粉、生クリーム、バターなど、
食材の持つ旨味を絶妙に引き出し
唯一無二の食パンが誕生いたしました

公式サイトより引用

「銀座 に志かわ 21号店 新宿西口店」の店内は?

「食パンと」大きく書かれた”のれん”が一際印象的なお店。店内に入ると、白色を基調とした明るい雰囲気のお店でした。お店に入ってすぐにレジがあり、両側に食パンが並んでいます。至ってシンプルなお店です。

「銀座 に志かわ」のメニュー・価格

メニューは食パン一種類のみ。メニューに迷う必要がありませんね。

1本(2斤)¥800(税抜)

銀座 に志かわが推奨するオススメの食べ方

1〜2日目までは、そのまま何も付けず生のままで。3日目は、トーストすることをオススメされています。

時間とともに味の変化を楽しめるとのこと。楽しみです。

「銀座 に志かわ」の食パン実食レポート

スゴく柔らかい食パンでした。パンに包丁を入れた際にふわふわ感を実感しました。

ちなみにパン屋さんでお馴染みの食パンをスライスするサービスは「銀座 に志かわ」にありません。自分でカットします。筆者は食パンのカットが苦手ですが、比較的にこちらの食パンは切りやすい方でした。

そして肝心の味です!

まずは「銀座 に志かわ」がオススメする、そのままの”生食”で食べてみました。

耳までふわふわの食パン。実際食べてみても水分をたっぷり含んでるような、ふわとろな食感でした。

そして何枚でも食べれそうな軽い食べ心地。パンに甘みがあって、ジャムなど付ける必要性を感じませんでした。むしろ食パンの味を邪魔しちゃいけない!失礼だと思ったほど、食パンの美味しさに感動しました。

2日目の食パンも生のままで食べてみました。1日目よりも水分が少し無くなった感じでしたが、美味しく食べることが出来ました。

3日目はトーストで。生食で食べた時ほどの感動はありませんが、外はカリッと中のふわとろ食感はキープしたまま美味しい食パンでした。

今までも高級食パンを実食してきて美味しい食パンを食べてきました。そのなかでも、この「銀座 に志かわ」の高級食パンは感動する美味しさです。お値段は高いですが、リピしたくなりますよ。

「銀座 に志かわ 21号店 新宿西口店」の営業時間・定休日

【営業時間】11:00~18:00(売り切れ次第終了)

【定休日】不定休

「銀座 に志かわ 21号店 新宿西口店」の行き方・アクセス

【住所】東京都新宿区西新宿3-1-3

【アクセス】「新宿駅」南口より徒歩2分

「銀座 に志かわ」の支払い方法

現在、現金のみの支払いでした。

ABOUT ME
かなえ
かなえ
ワイン・スイーツ好きの会社員。 生活・体重を日々改善するべく キックボクシングに通い出す。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。