グルメ

自由が丘チョコ「Chocolatier Le Petit Bonheur(ショコラティエ ル・プティ・ボヌール)」実食レポ

自由が丘駅から徒歩10分、九品仏駅から徒歩3分のところにある、チョコレート専門店「Chocolatier Le Petit Bonheur(ショコラティエ ル・プティ・ボヌール)」。とろける美味しさの一口サイズのチョコレートを実食レポート!

ショコラティエ ル・プティ・ボヌールとは

店名の「ショコラティエ ル・プティ・ボヌール」はフランス語で『小さな幸せ』という意味。一口食べると笑顔がこぼれる、そんな幸せを届けるというメッセージが込められているそう。素敵ですね。

パティシエは女性で、フランスで学び、スイーツの街である自由が丘にてチョコレート専門店を構えました。

ショコラティエ ル・プティ・ボヌールの店内

こじんまりとした店内。入口に入って正面はチョコレートが陳列されたショーケース。左にもチョコレートが置いています。

店内に椅子が設置されていたのでイートインもできるのでしょうか。ホットチョコレートドリンクが販売していたので、その場で飲んでもいいのかもしれませんね。

メニュー

たくさんの種類のチョコレートが陳列されておりました。一例をご紹介します。

マシュ・マカロン

カシス&オレンジ
ライチ&フランボワーズ
パッション&マンゴー
もも&あんず
ベリー&ベリー
柚子
キウイ・オレンジ

ショコラティエ ル・プティ・ボヌールの実食レポ

マシュ・マカロン「ベリー&ベリー」

マカロン型のチョコの中に、フルーツソースとフルーツの果汁を泡立てたマシュマロを閉じ込めたスイーツ。

一口サイズの大きさで、マカロンなビジュアルがキュートです。

外側はパリッとした食感のチョコレートで、ベリーのソースとマシュマロがじゅわっと広がりました。甘酸っぱいソースが上品で、後引く美味しさです。

プラリネクランチ

ビジュアルがカヌレみたいなキュートなチョコ。

シャリシャリとした食感に、塩がきいたチョコ。甘さもありながら塩の味がする、なんとも不思議なチョコでした。

ル・プティ・ボヌールの営業時間・定休日

【営業時間】11:00〜19:00
【定休日】日・月(冬季第2日曜営業)

ル・プティ・ボヌールの行き方・アクセス

【住所】東京都世田谷区奥沢6-28-6-102
【アクセス】東急大井町駅「九品仏駅」より徒歩3分、東急東横線・大井町駅「自由が丘駅」より徒歩10分

注文・支払い方法

1個づつからチョコレートを注文できます。
繁忙期のバレンタインデーに近い時期だとチョコが固定セットでの販売になります。

現金・PayPayでの支払えます。3,000円以上だと、クレカや電子マネーでも支払いが可能になります。

ABOUT ME
かなえ
かなえ
ワイン・スイーツ好きの会社員。 生活・体重を日々改善するべく キックボクシングに通い出す。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。