グルメ

自由が丘スイーツ「パティスリー・パリセヴェイユ(patisserie Paris S’eveille)」のチョコ【実食レポ】

自由が丘スイーツのなかでも人気の高い「パティスリー・パリセヴェイユ(patisserie Paris S’eveille)」でチョコを購入。実食レポートを行います。

パティスリー・パリセヴェイユとは

自由が丘スイーツ店のなかでも人気が高く、常に混んでいるケーキ店。パリで修行した、パティシエ金子美明氏のお店です。

パティスリー・パリセヴェイユの店内

高級感漂うシックな佇まい。人気店なので、常に人が入っているからか店内はやや狭く感じます。

入口の左手にパンが陳列され、入口正面にはケーキのショーケース。左手にチョコや焼き菓子が並びます。そして奥にカフェスペースがあります。

実食レビュー

トリュフ

まるで、ジュエリーが入ってるような高級感のある箱。エンジのリボンをとくと、お店のロゴがドーンと入ってます。ロゴもオシャレです。

中をあけると、こんな感じ。中には懐紙とロゴシールで封されています。シールがやや白いのはトリュフの白い粉です。大雑把な筆者はどうやらトリュフを横にしてしまったようで、箱の外からも白い粉が出ていました。持ち運びには気をつけた方がいいですね。

懐紙を開けると、トリュフが佇んでいました。

味は上品。濃厚なチョコだけど、しつこくなく美味しいと感じたまま完食しました。

ヌガチンフリュイセック

見た目がものすごく甘そう!なチョコ。でも意外に意外。甘いけども、しつこくない甘さ。チョコのパリッとした食感にヌガーのねっとりとした食感。とっても、あと引く美味しさです。

パティスリー・パリセヴェイユの営業時間・定休日

【営業時間】10:00〜20:00

【定休日】不定休

パティスリー・パリセヴェイユの行き方・アクセス

【住所】東京都目黒区自由が丘2-14-5 館山ビル1F

【アクセス】東急東横線・大井町線「自由が丘駅」より徒歩3分

ABOUT ME
かなえ
かなえ
ワイン・スイーツ好きの会社員。 生活・体重を日々改善するべく キックボクシングに通い出す。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。